おすすめ冷え性対策【秋編】 冷え性ドットコム

おすすめ冷え性対策【秋編】

秋は寒さ本番の冬に備えて準備をする季節。
早い時期からの、冷え性対策を!
 ■対策1 ▲上に戻る
 

日頃からの運動を心がけて

普段あまり体を動かさないと、血液を流す力が弱くなってしまい、血行不良になってしまいます。体を温める熱を発生するのは、主に全身の筋肉。運動不足で筋肉が細くなったり、ダイエットなどで新陳代謝が落ちていると、熱を生み出す力が弱まってしまいます。生み出す熱が少なければ、いくら厚着をしても温まらないのです。ですから「温まりやすい体」になるために普段からの」運動をこころがけましょう。
運動の時間をとるのが難しい人なら、エレベーターを使わず階段を上がったり、普段歩くときに歩き方に気をつけるとよいでしょう。
  効果的に新陳代謝を上げるためには、体の大きな筋肉を鍛える腹筋や背筋を鍛える運動や、足のポンプ力を高めるスクワットなどもおすすめです。
ただし筋肉を鍛える運動をしたら、その後にはストレッチをして筋肉が固まるのを防いでおきましょう。
 
 ■対策2 ▲上に戻る
冷房病 ゆっくり入浴する  

ゆっくり入浴する

  体内の老廃物を排出するには、胸から下だけお湯につかる「半身浴」がおすすめです。
冬場は38度〜40度ぐらいのぬるめのお湯に20〜30分、みぞおちから下をじっくりとつかっていると、どんどん汗が出てきます。このとき、手はお湯に入れないのがポイント。お風呂用のイスに腰掛けたりすれば、楽な姿勢で入浴できます。
 
 ■対策3 ▲上に戻る
 

衣服で調節

秋は朝夕の温度差が大きくなります。カーディガンや手軽なマフラーなどを持ち歩いて、急な冷え込みに備えましょう。
 
ふくらはぎを温めるソフトサポーターはこちら>>
手軽で保温効果の高いマフラーはこちら>>
 
 
 ■対策4 ▲上に戻る
冷房病 身体を温めるものを食べる

体を温めるものを食べる

秋は食欲の秋と言われる程、旬の味覚が味わえる季節です。人は、寒さが厳しい冬には体を温める食べ物を、暑い夏には体の熱を冷ましてくれる食べ物を求めるように、季節による体の変化や不調は、昔から「旬の食べ物」によって自然に予防・対策されていたのです。
タンパク質やミネラル等が豊富で、体を内側から温める「陽性」食品をとるように心がけましょう。
「陽性」食品

冷え性って?食べ物で改善体験談おすすめ対策おすすめ商品イチオシ特集
トップページ東洋冷え性研究会とは?冷え性対策メルマガ冷え性改善商品専門店


(C) 2006-2007 Toyo Hiesyo Kenkyukai All rights reserved.