おすすめ冷え性対策商品・グッズ【秋編】 冷え性ドットコム

おすすめ商品 秋の冷え性対策商品

 
手や足の冷えには首を温めて。
衿元から熱が逃げる煙突効果を防ぎます。
 体の熱で温められた空気は、衿の部分から外に逃げて、逆に冷たい空気が入ってきてしまいます。これを衣服内の煙突効果といわれています。人間の身体は体幹部(胸やお腹、内臓)が冷えると、手足への血液の流れをセーブして、身体の中心に集めようとします。そのため全身を冷やしてしまうのです。
 しかし、マフラーで、衣服の煙突にふたをしてしまえば、体幹部の体温を逃がしません。秋口の急な冷え込みでも、体幹部が温かければ、それだけ手足に流れる血液が増えるので安心です。
   
 
ふくらはぎを温めて、足先の冷えを防ぐ。 冷房病対策商品 ミーテミーテ
つらい足先の冷えを足元から予防しましょう。
秋特有の足元の寒さには、足先まで温かい血液を届けることが重要です。太ももは身体で最も大きい大腿筋によって温度が保たれますが、ふくらはぎは筋肉も少なく面積も広いので、血液を冷やしやすいのです。また寒さを感じると収縮して血流量が少なくなります。
つまり足先ではなく「ふくらはぎ」を温めて、血流量を増やし、血液を足先まで温かく保つことがポイントなのです。
 
つらい寝冷えは「はらまき」で防ぎましょう。
寒いとまずお腹に血液が集まってしまいます。 冷房病対策商品 はらまき
人間の身体は、寒さによって生命の危機を感じると、内臓を守ろうとして血液をお腹(内臓)に集めようします。そのため、手足に流れる血液をセーブするように脳から指令が出るのです。どんなに手袋や靴下で保温しようとしても、お腹を冷やしたままだと、手足に流れる血液量が少なくなるため、なかなか思うようには温まらないのです。

冷え性って?食べ物で改善体験談おすすめ対策おすすめ商品イチオシ特集
トップページ東洋冷え性研究会とは?冷え性対策メルマガ冷え性改善商品専門店


(C) 2006-2007 Toyo Hiesyo Kenkyukai All rights reserved.